経理・会計・税務に関する業務、経営・税務コンサルティング業務、株式公開支援業務はお任せください
永野修一税理士事務所 リンク1
  医療税務業務
  税務コンサルティング
  法人設立代行
  株式公開支援
  中国ビジネス支援
  報酬一覧
  事務所案内
  お問合せ


 
(質問)
バイオベンチャーが注意すべき会計処理は有りますか?

(答え)
バイオベンチャーで注意すべき会計処理は、「研究開発費」の計上と「原価計算」です。

@研究開発費について
研究に要した費用を「研究開発費」の科目にて正しく処理する必要があります。間違いが多い 処理として、研究開発用に取得した機械や備品を「資産計上」してしまう事が有ります。 研究用に取得した機会や備品は取得した際に「研究開発費」で費用処理を行う必要があります。

A原価計算について
売上に対応する原価を「材料費」「人件費」「諸経費」に分類し、各売上に対応する原価を 集計します。原価計算を行う場合、生産に携わる人の日報を作成したり、材料を生産用と 研究開発用に分けて集計する必要があります。原価計算はいろいろな計算方法があります。 その会社に合った計算方法を確立するためには、経験のある会計コンサルにお願いすること をお勧めします。

(質問)
資本政策のポイントを教えて下さい。

(答え)
1.オーナー社長の持ち株比率を維持する資本政策が必要。
創業期の会社は意思決定のスピードが重要となります、オーナー社長の持株比率を高め ておきましょう。

2.ストックオプションの活用
将来持ち株比率を有利な価額で高められるようにしておきましょう。注意すべき点 として、税制適格のストックオプション(行使時には課税がかからない制度)となる ように資本政策を組みましょう。

3.株主構成を考えた資本政策を作成する。
いざ株式公開ををするとなった時、株主構成や株主の顔ぶれが問題となり延期となる ことがあります。株主構成や株主の方がどのような方かを意識しながら資本制策を組 みましょう。



| HOME |  医療税務業務 |  税務コンサルティング |  会社設立 |  株式公開支援 |  中国ビジネス支援 |  事務所案内 |  お問合せ |